1日2時間のヤフオクで副収入!「情報カテゴリー」からお金がザクザク流れ込んでくる“6つの方法”
 | トップページ オークションの歴史と応用 よくある質問 体験者の声 商品のお届け方法
法律に基づく表記 トクヤマってどんな人? お問い合わせ 実践講座お申し込み



■ 
そもそも、ヤフーオークションとは、一体何なのか?


▼今現在、インターネットを楽しむ人の10人に1人は加入しているといわれているヤフオク。

そもそも、ヤフーオークション、いや、ネットオークションとは、一体どういうものなのか。
そして、どんな特性を持ち、どういった可能性があるのか。

私が、ヤフオクでの情報ビジネスを取り上げるのにもワケがあるように、そこには非常にシンプルな
旨味(うまみ)が存在する。ヤフオクと情報起業(ビジネス)、その基本的な疑問にお答えしよう。




「全ては、ここから始まった…」




[story1] オークションのはじまり
 ■


オークションの歴史は、実はメチャクチャ古い。

その起源をさぐると、古代バビロニア帝国が、新バビロニア王国として、
かの有名なハンムラビ王が紀元前500年ほど前に栄えた時代がはじめといわれている。


当時の戦の後に出た戦利品などを売り買いするのが、最初の目的であったと、
その当時の文献に記録されている。

もちろん、当時は「オークション」とはいわれておらず、人々の習慣として生活の一部として
定着があったようだ。

その戦利品を戦士たちが、自分の戦中の武勲を話しながら、
人に売るときに高い値をつけてもらい買ってもらうというところが、
現代オークションへの始まりといわれている。

ジャンヌダルクやグラディエーターのように、戦闘後の勇ましい情景が、
このことからも安易に想像できる。個人的に、古代西側諸国が好きな私も、普通に憧れる。


[上に戻る]


[story2] 時代は、古代オークションから、近代オークションへ…
 ■■

そんな古代オークションの流れも、18世紀頃から一氣に近代化へと加速する。

近代オークションの発端はは、18世紀半ば中世のヨーロッパだとされている。
あなたが「オークション」と聞いたら、トンカチで「トントン」のイメージをするそれだ。

やがて、イギリスを本拠地に構える「クリスティーズ」や「サザビーズ」のような
巨大オークショニアによって、「オークション」という言葉は一氣に世界に広まることになる。

世界中のセレブレティーが一同に会し、1日数億円もの落札があるというから驚きだ。
興味のある方は、ぜひ、システムティーのサイトからリンクされているので、覗いてみてほしい。


[上に戻る]


[story3] そして、舞台はインターネットへ。
 ■■■

今から約10年ほど前にアメリカで始まったインターネット。
その猛威は、現在、国内はおろか、世界中で爆発的な供給を見せている。
あなたが知っている通りだ。

そのインターネットを利用した「オークション」が目覚しい成長を遂げている。
つまり、インターネットを介した参加制度で、更なる進化を遂げたのだ。
これが、現代の「ネットオークション」になる。

国内では、あなたも知っている「ヤフーオークション」が超有名である。

このインターネットを利用したネットオークションは、
98年以降にアメリカの「e-bay」を中心に急速に需要を拡大してきた。

世界最大のネットオークションサイトe-bayが躍進を続ける中、
近年オークションサイトのサザビーズがこのe-bayと提携し、

ニューヨークとロンドンのサザビーズオークションにもe-bayの利用者が、
リアルタイムでオークションに参加できるようになったのは、
オークション界のニュースとしてはあまりにも有名である。


つまり、オフラインとオンラインのコラボレーションが、
効果的に相乗効果を生み出すという、これからのオークションビジネスを示唆するような動きを、
ネット先進国のアメリカが始めたことがこのニュースからでもわかると思う。


[上に戻る]


[story4] 世界のe-bay撤退の影に、ヤフオクあり。
 ■■■■

e-bayは、カリフォルニア州のサンノゼを本拠地とし、世界最大のネットオークションサイトだ。
同世界ではトップブランドの地位を築いている、
最も多くの宝の山秘めたネットオークションといえる。

最近では、日本でもe-bay参加を推進・バックアップする企業もあるほどだ。

現在は、世界20カ国以上で展開し、利用者は6000万人を上回るといわれており
(ヤフオクの約12倍)日本での展開も2002年まで、実はあったのは、あまり知られていない。

だが、e-bayサイドが予想していた以上の、
「ヤフオクと楽天市場の市場拡大が原因」で撤退を余儀なくされている。

ここでわかることは、日本国内でのヤフオクの市場価値の高さが伺えると同時に、
これからのヤフーオークションの将来性がわかるといえるのだ。


[上に戻る]


[story5] ネットオークションの市場規模は1兆円を超える!
 ★

昨年に続き、更なる市場拡大を見せる「ヤフーオークション」。
開始から5年間で約5倍もの取引高増となり、2004年度は5000億円を突破した。

主な原因は、中高年・主婦層の参加数アップとみられており、モノ余りで事業者が在庫を
処理する手段として利用しているほか、エコロジー意識の高まりで、オークション
参加者が中高年や女性に広がっているなどの背景もある。

ヤフープレミアム会員も、昨年度は460万人にのぼった。
一年間に約60万人ほど増加した計算になる。

ヤフーオークションは、2004年に月間取扱高を約530億円に記録を伸ばしており、
平均出品数は603万点と、急速なスピードでその規模を拡大している。

もちろん、この数値もあっという間に修正する必要が出てくる。それほど、急速で、アツイ市場となっているのだ。取扱高も大手小売店に迫る勢いで、今までの一部愛好家たちでのサービスとはいえない、更なる可能性を秘めた市場であるといえる。

「オークションの認知度アップ」「エスクローサービス
」や、「損害補償の充実」による、安全性の向上が追い風となり、ネットオークションでの購入も自然と、うなぎのぼりになっている。
ヤフーオークション取扱高資料


[上に戻る]


[story6] 「買いたいモード」の460万人のお客が、押し寄せるワケ。
 ★■

460万人の大行列ができる、巨大マーケット。
なぜ、これだけの人たちが集まるのか??

そして、なぜ、ヤフオクを利用する人たちは、近所のショッピングセンターでもなく、
デパートでもなく、家電量販店でもなく、ヤフーオークションを利用するのか?

それには、実は、チョットしたワケがある。
そのワケとは大きく分けて以下の4つに分けることができる。

[01]
オンラインショップとは違い、「入札〜落札〜商品受け取り」の一連取引が、
非常に簡単で、手続き等が面倒でない。
連絡方法も個人取引が基本なので、メールでのやり取りが主体であるために時間がかからない
銀行振り込みでの決済が可能なので、クレジットカードのように、
個人情報を悪用されることが少ないのも、それにつながる。

[02]
取引における、「競り」というゲーム性が特徴的なため。

[03]
一般で手に入る価格より、安い値段で買いたい。

[04]
市場では、既に
生産中止のものや、プレミア物の為に市場在庫が少ないもの、
人気商品の為に市場では、在庫がない為に買えないものを手に入れるため。



簡単にいってしまえば、「競りというゲーム性を兼ねそろえた、比較的安全なマーケットで、
普段手に入らないようなモノや、いいモノを安価で、簡単に手に入れたい!」

という人が、たくさんいるということだ。
この特異性があり、魅力的なマーケットを放っておくわけにはいかない。
なぜなら、私たちインターネットの素人からすれば、非常に旨味のある市場だからである。


[上に戻る]


[story7] ヤフオク参加の53%の人は、「情報商品」に興味アリ!
 ★■■

460万人の参加するヤフーオークション。
ここに興味深いというべきか、ヤフオク情報ビジネスの本質ともいうべきデータがある。

なんと、参加者の30%もの人が、ヤフオクで出品されている情報商品に興味を持っており、
実際に落札したことがあるというものである。

他にも、22%の人が「興味のある情報商品なら落札してみたい。」
1%の人が「実際に入札したけど、落札できなかった。」

というヤフーオークション調べの公式データがあるのだ。
そのことを受けてか、昨年9月に「情報」カテゴリーも新設。

情報起業家にとって、素晴らしい環境が、このヤフーオークションには存在するのである。


[上に戻る]


[story8] ホームページいらず、販促いらず、集客いらずのヤフオクビジネス。
 ★■■■

これだけの旨味がある市場を、放っておくわけにはいかないだろう。
この旨味がわからないというか、理解しようとしないのはある意味、罪である。

目の前に、腹をすかせている魚の群れがいるのに、エサがついた釣竿をたらすことをしない。
例えはよくないが、こういうことだ。

あなたはどうだろうか。こんなことをしないはずないと理解しているだろうか。


一番のいいところは、商売をするのに、お店も、呼び込みも、リスクもいらないということ。
これは反則の域である。しかし、これをヤフオクは現実にする。
既存の「ヤフーオークション」というインフラが、これを可能にするのだ。

誰でも出来るわけではない。
これには、ある「法則」が必要になってくる。魔法も呪文を知らなければ、
唱えることもできないのと一緒である。

ホームページを作る必要もなく、多大な広告費をかけて販促する必要もなく、
血眼になって集客する必要もない。全て、「すでに用意されている」からである。


これは、インターネットビジネスをはじめようとするあなたに、「リスクなし」を意味する。


[上に戻る]


[story9] だから、情報ビジネスをはじめろ!
 ★■■■■

そして、これが理解できたら、あなたのオリジナル商品を用意する。
これを、ある法則にのっとって販売すると、面白いように売れる。そして、感謝される。


いいだろうか。もう一度確認する。

「腹をすかせた魚の群れに、あなたのオリジナルレシピのエサをたらすだけ」

である。(もう一度いうが、例えは悪いがイメージしやすいと思う)

あなたが、いきなりWebという広い大海原に、ホームページという釣竿を持ち、
商売と言う名の釣りををはじめようと思っても、それは自殺行為に等しい。

ビギナーであるならば、なおさらだ。別に悪いことではない。
成功している諸先輩方もたくさんいる。

だが、成功しているインターネットビジネスの諸先輩の中には、
たくさんのヤフオクビジネス経験者がいることも事実である。

比較的簡単に、「プチ成功」を収め、スキルを積み、ニッチな達人になる
なんにせよ、スグに結果を出せる。様々な失敗をしておくことができる。費用がかからない。

やらない理由が見当たらないのは、私だけだろうか…


[上に戻る]


[mission!] 「情報起業家とはなんぞや」と思うなら、無料プレビュー版を読め!
 ★☆

当サイトで販売している、

「たった2時間のヤフーオークションで、お金と自由な時間をジャンジャン手に入れる“6つの方法”」
 YBMラーニングコース(自宅学習講座)


の無料プレビュー版を見るといい。
10ページほどの容量だが、立ち読み的な感覚で、あなたの興奮を刺激するだろう。

読んだら、自分のパソコンでお金を稼ぎたくなることは間違いない。

お金を稼ぎ、毎日をエキサイティングに過ごすことを望んでいない人は、
見ないほうがいいだろう。


その興奮を、確かに感じることができたなら、すぐに行動する為に、申し込みをするように…
前もって、忠告をしておこう。


無料プレビュー(立ち読み感覚でどうぞ)
PDF版 HTML版




[⇒YBM講座お申し込みはコチラへどうぞ][⇒トップページに戻り、手紙を読む]
[⇒前に戻る]




[全てはここから始まった]


[1]オークションのはじまり

[2]時代は、古代オークションから、近代オークションへ…

[3]そして、舞台はインターネットへ。
[4]世界のe-bay撤退の影に、ヤフオクあり。

[5]ネットオークションの市場規模は1兆円を超える!

[6]「買いたいモード」の460万人のお客が、押し寄せるワケ。

[7]ヤフオク参加の53%の人は、「情報商品」に興味アリ!

[8]ホームページいらず、販促いらず、集客いらずのヤフオクビジネス。

[9]だから、情報ビジネスをはじめろ!


[10]「情報起業家とはなんぞや」と思うなら、無料プレビュー版を読め!

オークションの歴史と応用よくあるご質問体験者の声商品のお届け方法
法律に基づく表記トクヤマってどんな人?お問い合わせ実践講座お申し込み
Copyright 2003-2005  group. All Rights Resereved.